業界革命を起こすスタッフを募集!

留学情報館は
そんなあなたのための会社です。

「まずはオフィス訪問に来ませんか」

企業に対する情報が少ない中で、志望動機や自己PRを作って応募する、従来の採用のやり方に私たちは疑問を感じています。
応募の前に、オフィスの様子も実際に見て、スタッフにも会っていただき、会社のことをしっかり知った上で応募して欲しい
それが私たちが「オフィス訪問」を実施している理由です。
ご興味を持っていただいたら、
まずはお話を聞きにいらっしゃいませんか。

留学は「感動」生み出します。「感動」は自分の常識、自分の枠を打ち破られたときに起こります。 留学先での全く違う常識や価値観の人と出会いは、まず自分の枠を打ち破ってくるはずです。 留学情報館はそんな感動を経験してもらうための留学エージェントです。留学後に目指すキャリアを明確にし、そのために必要な留学プランをご提案、実現をサポートしています。サポートするカウンセラーは、全員長期留学経験者です。それぞれの留学経験を活かし、お客様の人生のターニングポイントをご提案すること、留学情報館が一番大切にしていることです。

thumbs
thumbs
thumbs
thumbs
thumbs
thumbs
thumbs
thumbs

創業者の想い

留学を通じて「感動」する体験を一人でも多くの人に留学は多言語を学ぶこと、その国で進んでいる専門分野を学ぶことが主目的です。

しかし、自分にとっての留学とは「感動」を得る場所でもあります。「感動」は自分の引き出しを広げ、人生の幅を広げます。

この「感動」は異文化を知ることが、はじめの一歩。非日常的な体験をした時に起こります。

留学は「感動」の宝庫。

この体験を1人でも多くの人に感じてもらいたい。それが私たちの原動力です。

大塚 庸平

留学情報館は、留学生が減少する中、13年連続増収のスピード感あふれる留学サポート会社です。2005年にロサンゼルスで誕生し、現在アメリカへの留学は日本で最大級の送客数を誇ります。
留学情報館のほか数社のグループ会社があり、日本・ロサンゼルス・セブを拠点に、メディア運営、英語教育事業、IT教育事業、人材紹介業、などの事業を行っています。

留学情報館の未来

留学情報館は、「新しいことに挑戦し続ける集団」です。
より多くの人に留学して「感動」を経験してほしい。留学情報館全員の思いをもとに、業界トップ3の送客数を目指しています。

テクノロジーの発展により、グローバル化が目まぐるしく進む昨今。教育機会も世界に広がっています。そんな中、当社は日・米・比にオフィスを展開し、学校事業や留学サポート事業を行い、設立以来、毎年20%~40%の成長を続けています。成長の背景には、当社が常に新しい価値を世に提供する会社を目指すという風土があります。
日・米・比の3都市を拠点に、世界中の留学プログラムを日本に紹介し、より多くの人に留学してほしい。それが留学情報館が目指している形です。

こんな人探しています!

人と話すことが好きな人、コミュニケーション能力が高い人
留学のカウンセリングではお客様自身も気づけていない、本当の人生の目的を聞き出すスキルが必要です。人と話すことが好きな人、悩みを解決できる方向へ導くことができる人が活躍できる仕事です。

目標達成のために強い意思を持っている人
どんなに素晴らしいサポートでも1人のお客様にしかお役に立てないのであれば、それは社会貢献にはなりません。どんなお仕事にも目標があります。よりたくさんのお客様の留学を実現するスタッフが評価される職場です。

スピード感のある変化を楽しめる人
週明け、突然代表の大塚から新しい事業展開の発表がある。先月注力していたプログラムは今月全く別のプログラムに変わってる。すべてその時々のお客様のニーズに合わせて、留学情報館は進化しています。その変化を楽しみ、また自ら”変化”を提案できる人が、留学情報館での業務を楽しめる人です。

採用情報

募集職種

留学カウンセラー(営業)


勤務場所
東京
大阪

給与:経験・年齢等を勘案して当社規定により個別に決定
賞与:年2回
諸手当:通勤費・出張手当・家賃補助手当、扶養手当ほか
休日・休暇:週休2日制、国民の祝日、年末年始、夏期休暇、年次有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、ハネムーン休暇休暇ほか年間休日125日 福利厚生:労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険、パパママ・育児・介護支援制度(有給前借り制度、在宅勤務制度、勤務時間・シフト優遇、育休復帰支援のためのインセンティブ特例制度など。)

こんな人が活躍しています!

大谷ともみ
(留学事業 スーパーバイザー)

留学情報館での仕事のやりがいは、なんと言っても「大好きな営業の仕事を通じて、自分の人生を変えてくれた留学を本気でお客様に勧められること」です!大学卒業後は、営業として大手証券会社に就職。営業の仕事は大好きで仕事も順調、会社からも評価して頂いていましたが、このままずっと証券を売り続けることに疑問を感じていました。入社3年目で思い切って退職して渡米。留学情報館のロサンゼルスオフィスでインターンへ応募し、念願の留学サポートの仕事につきました。帰国後は、東京オフィスで、前職の営業職の経験と留学経験が最大限に活かせる、留学カウンセラーの仕事を選びました。

齊藤秀平
(メディア事業 ディレクター)

Englishpediaという留学メディアのディレクターをしています。モットーは、「できないことをできるようになる!新しい仕事はすべて筋トレ」です! 中学生の時に初めて一人で行ったNYの感動が忘れられず、大学は迷わずオーストラリアの大学へ進学しました。卒業後、外資系企業の営業を経て留学情報館に入社。当初はカウンセラーでしたが、会社が新しく留学メディアを立ち上げるタイミングで、自分が手を挙げさせてもらい、メディア担当にポジションチェンジしました。カウンセラー、ライター、エンジニアの皆さんと協力しながら2017年には月間50万PVを達成。今後もWEBメディアからさらに留学の裾野を広げていきます。

後藤佳世

私の海外体験は、高校卒業後のカナダ留学と「日本のファッションが大好きな外国人に会う」という世界一周の旅です。世界一周のキッカケはいつものようにTVを見ていたら…海外で日本のハデハデファッションをしている外国人が沢山!!!その頃アパレル店長だった私はTVに釘付けになり、気づいたらfacebookで゙TVに出ていた外国人ギャルを探して友達申請していました!帰国後は営業に挑戦したい、と仕事を探していて偶然見つけた「留学カウンセラー」という文字。「これしかない!」と思って出会い入社したのが留学情報館でした。私は心の底から「みんな海外に行ってほしい」と思っています。それがお仕事として実現できるこの仕事は最高です。

佐々木美沙希

留学情報館への入社の決め手は、少数精鋭で会社と一緒に成長していける環境があること、でした。留学を終えて帰国後就職活動する時、日本での社会人経験はありませんでしたが、留学中の経験から、留学サポートの仕事に就く!とだけは決めていました。 私の初めての留学はメルボルンでした。そこでAussieなライフスタイルを経験し、英語をもっと使いこなしたいと火がつき、フィリピンにて猛勉強!アメリカのカレッジへ進学しました。カレッジ内では、学生をしながら短期留学プログラマーとして働いていました。この留学中の経験は今の業務に大きく活かすことができてます。オフィスの環境としては、アットホームでチームワーク抜群なところが気に入っています。

オフィス訪問いただくと…
・職場の雰囲気を知ってもらえます!
・活躍スタッフに会っていただけます!
・業務についてくわしく説明します!
・留学情報館のビジョンをお伝えします!
・留学情報館の弱点/課題もお伝えしちゃいます!

そして…
・あなたのビジョンを聞きたいです!
・キャリアパスも一緒に考えます!